症状・疾患説明

次のような症状の方は循環器外来

胸痛
 坂道や階段などを昇ると胸に痛みや重苦しさ、圧迫感を感じる。
 →狭心症

 冷や汗や気分不良を伴う突然の胸の激痛が出現した。
 →急性心筋梗塞

 朝方などに胸が締め付けられるように苦しくなる。
 →冠れん縮性狭心症

動悸
 脈が急に速くなったり遅くなったりする。脈が飛ぶ感じがする。
 →不整脈
息切れ
 坂道や階段を上る時や運動をする時、以前より息切れが強くなった。
 →心不全

呼吸困難
 (夜間)寝ていると急に息苦しくなる。
 →心不全

健康診断
 高血圧、心雑音、心電図異常、胸部X線で心拡大を指摘された。
 → 高血圧・弁膜症・心肥大・心筋症 など

 

心臓病について

狭心症
 冠状動脈とは心臓に血液を供給している血管です。この冠状動脈が狭くなり血液が流れにくくなると、心臓が酸欠になり痛みが出るようになります。これが狭心症です。階段を上ったり、急いで走ったり、重たいものを持ち上げたりすると胸が締め付けるような痛みが出ます。
 冠動脈を拡張させる薬や、血液のさらさらにする薬を服用することで狭心症発作を抑えることができます。狭い血管を拡げる治療(経皮的冠動脈形成術)を行うことも多くなっています。

心筋梗塞
 冠状動脈の細くなった部分が詰まり、心臓の一部に血液が全く供給されなくなった状態を心筋梗塞といいます。突然の胸の激痛が特徴です。直ちに適切な治療を行わなければ、血液の流れない心臓の部分は死んでしまいます。心臓が突然止まる不整脈も出現します(突然死)。
 治療としては、風船療法で詰まった血管を拡げステントを留置します(詳細は心臓カテーテル検査のページを参照ください)。胸痛発作が始まってから6時間以内に適切な治療を行えば、大部分の心臓の筋肉を救うことができます。

不整脈
 心臓は一定のリズムで規則正しく収縮を繰り返していますが、このリズムがみだれるのが不整脈です。いろいろな種類の不整脈があり、なかには非常に危険なものもあります。このため、脈のみだれを感じた時には、心電図検査や24時間心電図記録などの詳しい検査を受けるのが安全です。
 不整脈の出現を抑える薬を服用するのが治療の中心となります。また、カテーテルアブレーションという、不整脈の原因部位を心臓内で焼き切る治療も行っています。

                    

心不全
 心臓は血液を送り出すポンプです。ポンプが止まれば血液は流れなくなり、生物は生きていられません。ポンプが弱ると血液が滞るようになり、息切れが出たり浮腫が出たりします。これが心不全です。原因は心筋梗塞、弁膜症、心筋症、心筋炎、不整脈など、全ての心臓病が原因になります。
 治療は強心薬や利尿薬を用います。命の危険を伴うことが多く、早期に適切な治療が必要です。
 
弁膜症
 心臓の中には血液の逆流を防ぐために4個所に弁がついています。その弁が逆流したり、狭くなったりする病気が弁膜症です。健康診断などで、心臓に雑音が聞かれた場合には弁膜症の可能性がありますので、一度詳しい検査を受けるのが安全です。
 治療法は軽症では内服薬、重症では手術(弁置換術)になります。手遅れになると手術をしても回復しないこともあるため、心エコーなどで慎重に経過を診る必要があります。

心筋症
 原因不明の心臓の筋肉(心筋)の病気を心筋症といいます。主に肥大型心筋症と拡張型心筋症に分類されます。
 原因不明のため根治療法がありませんが、現在はβ遮断薬や両心室ペーシングなどの治療法の進歩により、治療効果は改善されてきています。

高血圧
 動脈硬化が進んで血管壁にコレステロール等がたまると、血管のしなやかさは無くなり、血圧が高くなります。これが高血圧です。血圧が140/90 mmHgを超えると高血圧と診断されます。頭痛や肩こり、めまい等の症状を伴う場合がありますが、多くは無症状です。治療をせずに高血圧のままでいると、心臓が肥大したり腎臓の働きが悪くなるなどの合併症につながります。
 薬を服用することで血圧を下げることができます。