症状・疾患説明

次のような症状の方は呼吸器外来

呼吸困難、咳、痰、喘鳴などの症状がある人は下記のような疾患が考えられます。

急性の場合 (1週間以内のとき)
 のどの痛み、発熱 →風邪症候群
 のどの痛み、高熱、関節痛、筋肉痛 →インフルエンザ
 高熱、呼吸困難 →急性気管支炎、肺炎
 夜間にひどく喘鳴を伴う場合 →気管支喘息
 突然の胸痛、呼吸困難感、胸の違和感 →気胸

慢性の場合 (数週間から一ヶ月以上のとき)
 夜間や季節の変わり目の咳、喘鳴 →気管支喘息
 運動時の息切れ、喫煙歴がある場合 →慢性閉塞生肺疾患(COPD)
 長い間続く風邪のような症状、微熱、寝汗 →肺結核
 粉塵吸入歴がある →塵肺
 血痰がでる、胸痛がある →肺がん

検診の胸部異常陰影
 検診の胸部レントゲン写真で異常を指摘された場合、肺がん肺結核などの病気が疑われます。
 検診で異常を指摘された場合は早めに医療機関を受診してください。
 胸部レントゲン写真、胸部CTなど精査を行うことになります。
 検診で異常が指摘されても、実際には病気がない場合もあります。

 

呼吸器病について

肺炎
 細菌やウイルスが肺に感染し、発熱、咳、痰などの症状がでます。重症化すると呼吸困難となり命に関わる場合もあります(全ての死亡原因の第4位)。胸部レントゲン写真や血液検査で診断し、喀痰培養などで原因の菌を調べます。原因にあわせて抗生剤を使用し治療します。

肺がん
 肺や気管、気管支から発生した悪性腫瘍です。初期には無症状のことが多く、進行した場合、咳、痰(血痰)、胸痛、呼吸困難などの症状がでます。胸部レントゲン検査や胸部CTで疑われた場合は気管支鏡検査やCTガイド下肺生検、胸腔鏡下肺生検などで診断をつけます。病気の進行状態にあわせて手術、抗癌剤による化学療法、放射線療法を組み合わせて治療します。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)
たばこなどを長期間吸うことによって肺の肺胞が破壊されたり、気管支で慢性の炎症がおこり、労作時の息切れや慢性の痰などの症状がでる病気です。胸部レントゲン写真や呼吸機能検査で診断します。気管支拡張薬の内服や吸入で治療します。体内の酸素が低いときには在宅酸素療法を行う場合もあります。

気管支喘息
 季節の変わり目や夜間を中心に咳、痰、喘鳴などの症状がでる病気です。気管支のれん縮と炎症により引き起こされ、アレルギーが関与するといわれています。重症の場合、命に関わる場合もあり、症状が落ち着いているときも治療を続けることが重要です。胸部レントゲン写真や呼吸機能検査、血液検査などで診断します。吸入ステロイドや気管支拡張薬などで治療します。

気胸
 いろいろな原因で肺に穴が開いてしまい、肺が縮んでしまうことにより咳や胸痛、呼吸困難となる病気です。胸部レントゲン写真で診断します。肺の縮みがひどい場合はチューブを胸腔に入れて漏れた空気を吸い出すような治療を行います。