大動脈弁狭窄症モデルマウスについて

2014年に新しい大動脈弁狭窄症のモデルマウスを報告しました。報告後、国内外の施設よりマウスの作成方法について多くの問い合わせを頂いております。マウスの作成については下記のリンクをご参照ください。

 

We previously reported a novel mouse model of calcific aortic valve stenosis. Please refer to the following link.

 

原著論文へのリンク:

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24311378

 

マウス作成方法:

Wire injury.pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 3.4 MB